「psychology」カテゴリーアーカイブ

卒業論文のテンプレート

卒業論文のテンプレートを作成した。毎年フォーマットを整えるための指導にかなりの時間を費やしてきたが、本来は内容の指導にもっと時間を注ぐべきだと思うからである。このテンプレートを使って見出しなどをきちんと選べば自動的に目次が作成されるようになっている。

卒業論文本体のテンプレートに加えて、広島修道大学人文学部人間関係学科心理学専攻および同健康科学部心理学科で提出が義務付けられている「レジュメ」のテンプレート、提出時のチェックシートも公開しておく。

WordのテンプレートとPDFファイルはOpen Science Framework上にアップロードしてある。

3年の演習で読んだ論文 (5/12/2018)

鏡の前で遅延報酬課題を行うと衝動性が高まったように見えるようなデータが得られたが、統計的には有意ではなかった。

日本のJリーグ選手を対象にfWHR (顔の幅と高さの比: 値が高いほど顔の幅が広い) がフォワードの攻撃的なペナルティと相関することを示した。一方、得点とは関連が見られなかった。

3年の演習で読んだ論文 (28/11/2018)

乳児は人間のような模様の物体よりも人間の顔や人形の顔を好むことを示した。

男は若い女を助けても、その動機を下心に帰属されやすいことを示した場面想定法実験。

3年の演習で読んだ論文 (21/11/2018)

5つの実験ゲーム (最後通牒ゲーム、独裁者ゲーム、チキンゲームなど) を場面想定によって行なって、処罰者が報酬者が非処罰者よりも評判が悪いことを示した実験研究。