3年の演習で読んだ論文 (17/7/2019)

Matsumoto-Oda, A. & Collins, A. D. (2016). Two newly observed cases of fish-eating in anubis baboons. Letters on Behavioral Science, 7 (1), 5-9. doi: 10.5178/lebs.2016.41

ヒト以外の霊長類は魚をほとんど食わないが、ヒトよく食う。アヌビスヒヒの魚食に関する観察事例を示すことで、なぜヒトが魚を食うようになったのか考察する。

Tamura, K. & Ihara, Y. (2012). Evolution of social learning in lattice-structured populations. Letters on Behavioral Science, 3 (2), 25-29. doi: 10.5178/lebs.2012.23

社会学習の進化に関するシミュレーション研究。格子モデルを仮定するとしない場合よりも社会学習は進化しない。また、空間構造の効果は垂直/水平伝達で斜行伝達よりも弱かった。

3年の演習で読んだ論文 (3/7/2019)

Oda, R. & Ichihashi, R. (2016). The watching eyes effect on charitable donation is boosted by fewer people in the vicinity. Letters on Evolutionary Behavioral Science, 7 (2), 9-12. doi: 10.5178/lebs.2016.52

Watching Eye効果に関するフィールド実験。募金箱を居酒屋の前に置いておく。Small-norm条件 / Large-norm条件 (もともと募金箱にどの程度のお金が入っているかで操作)、Eyes / No eyesの4条件。目の効果がSmall-norm条件で得られ、目があるほうが寄付額が多かった。

Komiya, A. & Mifune, N. (2015). An individual difference in betrayal aversion: Prosociality predicts more risky choices in social but not natural domains. Letters on Evolutionary Behavioral Science, 6 (1), 5-8. doi: 10.5178/lebs.2015.33

Faith Gameを使い、社会的リスクを示唆する実験条件だけでprosocialな個人がproselfな個人よりもリスキーな選択をするということを示した研究。自然的リスク (ギャンブル) ではSVOの効果なし。